ぎっくり腰はこんな人がなります

ぎっくり腰は人事ではありません。以外と身近で、誰にでもおこる危険性があります。

ぎっくり腰になりやすい人

思い当たる項目はありますか?一つでもあればあなたはぎっくり腰になる可能性があります。また、よく言われるように、急に重いものを持ったり、ボクのように定期的にスポーツをしていても、準備運動やストレッチを怠るとぎっくり腰になる事もあります。

ぎっくり腰になってしまったら

まずは絶対安静!無理して動こうとするとさらに悪化してしまう可能性もあります。椎間板ヘルニアにまでなってしまうと最悪手術になる事もあります。痛みが引いてきたら病院に行きましょう。
すぐに病院に行く場合は救急車か、タクシーや友人知人に車で運んでもらいましょう。

基本的には安静にしているしかないのですが、痛み止めやコルセットなどを処方してもらったら徐々にリハビリをしましょう。リハビリはゆっくり歩く事がいいらしいです。辛いからといってずっとすわりっぱなしは逆に腰に負担が掛かります。ゆっくりゆっくり歩きましょう。

大体3週間〜2ヶ月くらいで完治するらしいです。それまでは絶対ムリしないで下さい。

坐骨神経痛の場合

坐骨神経痛も基本は安静にすることが大事。病院に行ってマッサージしてもらったり、理学療法も効果的です。

以上。ボクの体験談と病院の先生から聞いたお話をまとめてみました。