初めてのぎっくり腰・・・それは突然訪れる・・・。

みなさんはぎっくり腰になった事ありますか?ぎっくり腰になったときどうでした?動けましたか?もし動けたという方がいましたら、それはぎっくり腰ではないかもしれません。だってボクは動けなかったですもの・・・。今日は、そんなぎっくり腰体験を皆さんにご紹介いたします。

準備運動でまさかの悲劇

かれこれ5年くらい前の事。その日は趣味であるバスケの練習がある日でした。

いつものように体育館に到着。着替えを済ませてまずは準備運動。いつもなら軽くランニングをし、体が温まってからストレッチに入るのですが、この日は久々に練習に来た友人がいたためついつい話し込んでしまいました。

ランニング、ストレッチをしないまま、練習がスタート。
スクウェアパスやランニングシュートといったメニューで、準備運動がてらあまり無理せず適度に加減しながらやってたつもりでした。

しかし、悲劇は突然訪れます・・・。

ランニングシュートの練習中、走ってくる相手にパスを出した瞬間!腰に激痛が走ったのです!!!

ボクはその場にうずくまり、声も出せずに悶絶。周りにいた仲間は大爆笑! こいつら・・・いつか絶対殴ってやる・・・と心に誓ったのもこのときです・・・。

こいつはマジでヤバい・・・

大爆笑している仲間に怒りを感じつつも痛みでその場から動けない自分。そんな姿を見て、やっとみんなが心配してくれ出した。

自力で動くことが出来ず、引きずられながらコートの外へ。

ぎっくり腰って、マジで動けないんです。倒れこんだ体制から動かす事が出来ないんです。ムリに動かそうとすると「ピキッ」って感じで激痛が走ります。マジでこんな体制から身動きできないんです_| ̄|○ ガクッ

とりあえずその日の練習は見学。すぐに病院に行こうと思ったが、じっとしてれば痛みがだんだん和らいできたので、友人の車に乗せて頂き帰宅。

車から降り、友人の肩につかまりながら玄関まで到着。同時同棲していた今の奥さんが玄関を開けて、友人の肩に掴まりながら玄関に入ってくるボクを見て仰天。

彼女「どうしたの!」

ボク「どうやらぎっくり腰っぽい・・・」

彼女「なにやってんのアンタ!!来週結婚式だよ!!どーすんの!バカ!!!」

ケガの心配をせずに結婚式の心配をしている彼女・・・。コイツ・・・。

パンツが履けない

翌日、痛みは軽くなったものの、身動きが出来ない。なんせ、寝返りを打つだけで激痛が走り、ろくに睡眠も取れない状況。とりあえず会社に電話して状況を説明。有給をいただき安静にしてました。
病院に行こうとも思いましたがなんせ身動きが出来ない。一人で立つのも一苦労です。そんな状況でもやはり生理現象はどうすることも出来ません。そう。トイレに行きたくなるのです。

彼女に抱えられトイレに到着。パンツを下ろすのはなんとかでき、用を足したあと、いざパンツを履こうとしたとき、足首まで下がったパンツに手が届かないのです!ピンチです!緊急事態です!

あの手この手を使い、なんとかパンツを履こうとしましたが、結局断念。だって痛いんだもん。
しかたなく彼女を呼び、パンツを履かせてもらいました・・・。イヤな顔せずパンツを履かせてくれる彼女を見て、やっぱりコイツと結婚しよう!と思ったとか思わなかったとか・・・。

ぎっくり腰のまま結婚式へ

ぎっくり腰発生から3日後。ようやくなんとか歩けるくらいにまで回復。そこで病院に行って検査を受けました。検査の結果はやはり「ぎっくり腰」正式名は「急性腰痛症」と言うらしい。
病院で痛み止めの薬と湿布。それとコルセットを貰い「しばらくは安静にしてください」と言われた。どうやらぎっくり腰は湿布を貼って安静にしている他は、たいした治療は出来ないらしい。もちろんひどい場合は「椎間板ヘルニア」などになる場合もあるが、ボクの場合はそこまでひどくなかったのが幸いである。

痛み止めとコルセットの効果は非常にすばらしく、腰を曲げたりするとまだ痛みが走るが、結構自由に動けるようになってきた。これなら結婚式もなんとかなるかもしれない。

そして、結婚式当日。痛み止めを飲み、コルセット装着。普通に歩く分には問題ない。ただしまだ階段やお辞儀などが結構つらい。

結婚式ってさ、階段もあるしお辞儀もしなきゃいけないんだよね・・・。トホホ・・・。
以下、結婚式のダイジェスト。↓

そんな感じで結婚式は無事終了。痛み止めのおかげでなんとかなったよ。

さらに追い討ち。坐骨神経痛発症!

さらに1週間もすれば結構動けるようになる。その頃はもうちゃんと仕事にも復帰してました。ただし、長時間座りっぱなしが辛いので、こまめに休憩挟んでました。しかし、この頃になると右足の太ももの裏のあたりがたまに「ピキッ」と痛くなる。
だんだん不安になってきたのでググってみる。検索結果に出てきたのは「坐骨神経痛」。

さっそく病院へ行き診てもらう。結果。やはり坐骨神経痛らしい。

坐骨神経痛もたいした治療法はなく、(ひどければ手術もありえる)痛み止めや湿布、コルセットなどが主な治療法。あとは理学治療ってのがあって、腰や足に電気流したり、温熱治療だったり。

ボクの場合は理学療法が結構ききまして、週2回、1ヶ月半くらい通ったところでほぼ完治しました。

いまでは腰の調子もよく、坐骨神経痛に悩まされることもないです。たまに整体マッサージを受けるくらいでしょうか。

と言う事で、皆様もぎっくり腰には気をつけてください。次のページではぎっくり腰にならないための注意点などをご紹介します。

PR

出会い